この記事を読むのに必要な時間は 約 0 分( 490 文字 )

手術でしか治せない

この痛みから早く逃れたいと思っている時…
医者から「良くなるには手術するしかない」と言われ、信じてしまう。


でもよくよく考えてみろよ。
その手術は本当に必要なんやろか?

しかも、手術でしか治せない…ってマジですか!?
内科的な治療って出来ないんですかね…?

マジですか?

手術でしか治せない「病気」って、この世にまだまだあるわけ。
同じ病名を手術をするにも、症状や医師によって術式が違ったりするんですよ。

数年前に「頚椎ヘルニア」の手術を受けた。
手術法としては、頸部の前から到達する方法(頸椎前方到達法)で行われた。
この手術は仰臥位(仰向けの姿勢)で全身麻酔下にて行った。

手術前日に色々な誓約書にサインを求められるんです。
稀に全身麻酔から戻ってこない人がいるらしいです。

まぁ…手術するしか治す方法がないなら、結局は信じるしかないのよね。

今度の手術はどうなることやら。

さて、どのタイミングで入院するか決めないと、一人で出来ることは限られている。

とりあえず「限度額適用認定証」を貰いに健康保険の窓口に申請しに行かないと…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です