この記事を読むのに必要な時間は 約 1 分( 682 文字 )

いつか必要になるんだよ

いつか使うからといって、
無駄なものをいつまでも持っている人に「運」は味方しない


日々、生活をするなかで
「いつか使うから」「いつか使うかもしれないから」と、
無駄なものを持ち続けるのは、自分の判断基準を、どんどん緩めていく。

必要なのか、必要じゃないか…
日々、見極めることで、日常生活だけでなく、仕事の場面においても、判断力が活かされるようになる。

「いつか使うから」と、無駄なものを増やさず、
”自分に必要なもの”の判断を、常日頃から心がける。

「いつか使うから」は、一生使わないと心得る。

いつか…と思った時点で整理するものである。

それでも「捨てるのはもったいない」と脳裏を横切る、整理することに対して後ろめたい気持ちがあり、モノに執着しているのだ。
しかし何の思い入れもなく、ただもったいないというモノは邪魔なだけである。

使わないモノばかりが入った押入れより、必要なモノをとっておくためのスペースを使えないことのほうがもったいない。

「捨てる」わけじゃない「整理」して「減らして」いけばいい。

これは、家事や仕事でも同じこと。

日々の家事や仕事を行っていて「時間が足りない!」とイライラすることがある。
その理由は、行っている家事や仕事が必要以上に多いからかもしれない。
「何となくやらなくてはいけない気がする」
そんな不要な考えを減らし、本当に必要なコトだけを行うだけで、心がすっと軽くなる。

運を引き寄せ、判断力を磨き上げる。

いつか必要になるなら、その時に準備すればいい。
今は必要ないんだから…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です